ニュース

  • ドイツ ヴァルトブルン 2021年10月14日 -…

    MOSCAのCEO Timo Mosca (ティモ・モスカ)は次のように述べています。「多くの展示会がウェブサイトでもライブ開催されるようになりましたが、私たちは展示会の未来はアナログでもバーチャルでもなく、ハイブリッドであると考えています。弊社がお示ししたいのは、バーチャルショールームは展示会のブースの単なる代替物ではなく、それ以上のものになり得るということです。」 ドイツのヴァルトブルンに本拠を置いているMOSCAは、業界ごとにいくつかのショールームを開設し、各業界全製品のポートフォリオをバーチャル空間で紹介していこうと考えています。

    ショールーム第1号は、特に物流のスペシャリストたちを…

    続きを読む
     
  •  

    Dirt Torpedo号は、2021年8月17日、カリフォルニア州のモハーヴェ砂漠に向けて出発しました。このトンネル掘削機は、DHBW Mosbach のプロジェクトチームによって開発されました。このチームは、イーロン・マスク氏が主催する 「Not-a-Boring…

    地下トンネル網に高速鉄道を走らせて、気候に優しい方法で乗客を高速輸送できるとしたら、どんな世界が待っているでしょうか?このアイデアは疑いもなく想像力をかき立てるものですが、そのためには新世代のトンネル掘削機が必要になります。イーロン・マスク氏が主催する「ノット・ア・ボーリング・コンペティション」(ボーリング[退屈]とは対極のコンテストの意)では、モハーヴェ砂漠で行われるボーリング(掘削)コンテストに参加するチームが、選りすぐりの革新的なマシンを携えて世界中から集結しました。このコンテストでは、掘削スピードだけでなく、指定された目標地点に到達する精度や、トンネルを通行可能にするまでの時間も評価さ…

    続きを読む
  • 梱包・包装ラインの最終段階におけるサステナビリティとデジタル化の特徴とは何でしょうか?MOSCAが、高性能なKZV-321および帯封テクノロジーを搭載したUCB梱包機をFachpack 2021(ホール 3C、ブース 3C-312)でライブデビューさせ、この疑問にお答えします。

    「Fachpack…

    続きを読む
     
  •  

    Focus Money誌がドイツ企業を対象に授与する名誉ある賞「サステナビリティにおけるドイツのベスト企業」賞を MOSCAがトップ受賞しました。これにより当社は「機械工学・プラントエンジニアリング」部門に一つの業界基準を打ち立てたと言えるでしょう。因みに同部門でランキングされたのは34社でした。

    この賞は、IMWF (Institute for Management and Economic Research)がFocus Money及びDeutschland Testの依頼で実施した「サステナビリティにおけるドイツのベスト企業」に関する研究の一環として設けられたものです。この研究では2020年3月から2021年2月にかけて約24,000の企業やブランドを対象に調査が行われました。その結果「機械工学・プラントエンジニアリング」部門でMOSCAは第一位となり、業界に一つの基準を打ち立てました。

    サステナビリティ目標を支持

    同賞の選考基準ではエコロジー、経済、社会各分野の問題に同等の重…

    続きを読む
  • 360°バーチャルツアーでは、将来のEoL(エンド・オブ・ライン)パッケージングについてのMOSCAのビジョンに焦点を当て、かつて無い視点から革新的なソリューションを紹介しています。皆様の訪問を心よりぜひお待ちしています。…

    ブラウザの画面上でマウスを数回クリックするだけで、革新的なMOSCAのディスプレイの中心に立つことができます。 360°バーチャルツアーでは、5種類のMOSCA社の機械を高解像度のリアルに迫った画像でご覧いただけます – スタンドアローンの機械や、全自動梱包ラインに組み込まれた機械など多種多様。MOSCA CEO Timo Mosca(ティモ・モスカ): 「デジタル化を活用することで、弊社テクノロジーをこれまでに無い視点から細部にわたり紹介しています。」…

    続きを読む
     
  •  

    2021年5月27日、ドイツ・ヴァルトブルン -…

    「サステナビリティは、長年にわたり弊社の企業理念の礎となってきました。環境面から経済面や社会的影響に至るまで、あらゆるレベルにおいて弊社はサステナビリティを追い求めています」。MoscaのCEOを 務めるSimone Mosca(シモネ・モスカ)はこう解説します。「WIN-Chartaへの署名は、弊社にとっては次の一歩として当然の取り組みなのです」。…

    続きを読む
  • あらゆる製品を最も安全に運搬したいという需要に応えるために、MOSCAは帯封システムを完全自動型段ボール梱包機UCBに統合しました。この機種は、最も繊細な製品であっても、優しく高信頼度で固定できるようになりました。

    「弊社の梱包機UCBは、長年段ボール業界にて信頼を集めてきました。この機種は、既設機にも、このほど帯封システムを搭載できるようになりました。消費者が一切のダメージがないことを期待している光沢印刷物などの繊細な製品向けに特別設計されたシステムです」と、MOSCAのCEOを務めるTimo Mosca(ティモ・モスカ)は説明します。この統合帯封システムは、ヴァルトブルンに本拠を置くバンド掛けの専門会社である弊社が、長年提携してきたATS…

    続きを読む
     
  •  

    MOSCA CEOのTimo Mosca(ティモ・モスカ)は、当社の成功の秘訣を「世界各地で統一的な存在感を確立することで、素早い対応を実現」してきたことだと説明しています。MOSCA…

    MOSCAのサクセスストーリーが始まったのは1966年のことです。創業者のGerd…

    続きを読む
  • Movitec Wrapping Systemsの買収を通じて、MOSCA…

    バンド掛け機のスペシャリスト企業であるMoscaとストレッチ包装機の専門業者であるMovitecは、同じポイントに注力しています。それは、梱包ラインの最終段階で商品を輸送向けに迅速かつ確実に固定する全自動ソリューションです。MoscaによるMovitecの買収は、2021年3月18日にスペインのカタルーニャ州リェイダ県のアルコレッジ市にあるMovitec本社で契約が締結されて正式に成立しました。この契約の締結は、新型コロナウイルス感染症にかかわる規制に準拠して行われました。MoscaのCEOであるTimo Mosca(ティモ・モスカ)は、次のように述べています。「弊社の子会社であるMOSCA…

    続きを読む
     
  •  

    2つのバンド掛け機能を1台で。Moscaより、柔軟性のある高性能のKZV-321梱包機が新たに登場。様々な製品の形に合わせた調節が簡単で、物流や製品輸送に理想的です。

    「弊社のポートフォリオに加わった最新のKZV-321。極めて適合性の高い高性能梱包機で、パレットで輸送する製品をバンドでしっかり固定します。このモデルは、異なる高さのシングルパレットとダブルパレットを、たった1台でバンド掛けします。これまで、この作業を行うには2台別々の機械が必要でした」と、MoscaのCEOを務めるTimo…

    続きを読む
Mosca's road to the future!
ソーシャル・ブックマーク