ムッケンタール工場

システムプロバイダーとして、当社は高品質の梱包システムとともに関連するあらゆるバンド資材も製造しています。激しさを増す国際競争で先を行くために、当社は2007年にバンド製造部門に大規模な投資を行い、ヴァルトブルンの本社からほど近いムッケンタールに新しい工場を建設しました。倉庫保管、出荷、管理を含むバンド製造機能全体を移したこの工場は、ヨーロッパでも最先端の製造施設の1つであり、需要の高まっている高品質のバンド資材を短納期で提供することを可能にしています。

24時間年中無休で稼働する自動押出ラインが、梱包機用のPP製およびPET製バンドを製造しています。5mmから15.5mmまでのバンドは、梱包機のタイプやメーカーを問わずすべての梱包機で使用できます。

環境面でのサステナビリティは、工場の計画、建設、および運用の非常に初期の段階からの重要な問題でした。 新しい生産工場では、巨大な平らな屋根の可能性を最大限に活用し、2,500平方メートルのソーラーパネルを備えた太陽光発電システムを設置し、電力供給システムに電力を供給しています。 エネルギーは生産フロア内でもリサイクルされます。 機械装置の隔離された高温部分は高いエネルギー効率を提供し、残りの廃熱は寒い日にホールを加熱するために使用されます。 生産ラインの一部は電子トランスでモーターに電力を供給しているため、ブレーキラインから得られたエネルギーは再び電気の形でシステムに利用可能になります。

ソーシャル・ブックマーク