イノベーション&開発

バンド掛け業界のテクノロジーリーダーである当社は、様々な要求事項および用途に合わせた高品質なソリューションを提供することを目的に、数十年にわたってマシンおよびバンド掛け資材の開発を行ってきました。当社のイノベーションの多くは、現在業界標準として確立されています。

当社では、そのイノベーションの強みを生かして、一貫して最高のMOSCA品質の3つのクラスのマシンを提供しています。手動操作から完全な自動操作まで、また独立型から連結型マシンまで、御社のニーズにぴったりのマシンを提案いたします。当社のマシン・クラスIIIのマシンには、ネットワーク化された明日の工場が必要とする全ての機能が備わっています。

当社の多くのマシンでは、超音波技術を標準技術として確立しています。当社が開発して特許を取得したSoniXs®技術は、超音波の振動を用いてバンド掛け資材の端を溶着します。それにかかる時間はわずか数ミリ秒で、セキュアかつ二酸化炭素排出量を抑えた溶着が可能です。御社にとっては、効率が大幅に向上するというメリットがあります。従来の溶着システムと比べて、この技術なら最小限の電力消費で済むので、エネルギーコストと二酸化炭素排出量の両方を抑えることができます。

当社が100%リサイクル素材から製造するプラスチック製のPETバンドは、特に超音波溶着に適しています。さらに一歩先まで踏み込んで開発したのが、 エコ・バンド です。従来型のプラスチック製バンドにかわるこのバンドは、化石資源から得られた原料を使わずに製造されています。この製品の背後にある当社の狙いとは、単に生態系に優しいバンドを開発するだけではなく、リサイクルが必要とされている中で資源の廃棄と再利用の循環を確実に確立することです。

当社では、イノベーション力をバリューチェーン全体に広げ、組織全体に浸透させています。それを実現するために、当社では内部技術や製造プロセスの開発も絶えず行っています。部品を付加製造技術を用いて連続して作ったり、ARおよびVR応用技術を使用したり、コラボレーション型のロボット技術をテストしたり、エッジおよびクラウド技術を用いてデジタル化のプロセスを前進させたりしています。

当社では、最高のアイデアを得たりそれを導入するには、コラボレーションが必要であることを認識しています。そのため当社では、お客様との普段から関わり合い以外にも、大学、単科大学、スタートアップ企業、および革新的な企業とのコラボレーションを普段から行っています。当社とのコラボレーションにご関心があれば、ぜひお話をお聞かせいただきたいです。お気軽にご連絡ください。

innovation@mosca.com

ソーシャル・ブックマーク