• Tel. +81 3 6890 8396
  • E-mail japan@mosca.com
19748
19748

責任ある製造

「責任ある製造」というモットーのもとで、当社では自社のプロセスにおいて確実に責任ある製造を行うだけではなく、当社のお客様のプロセスにおいても確実に責任ある製造が行えるようにすることを目標として掲げています。この背後にあるのは、製造に関わる全ての要素を、その効率性および環境への優しさの面で絶え間なく見直して最適化するという考え方です。

 

サステナブルな屋外エリア

生産体制および製造拠点を拡大することで、自然の動植物の生息域がなくなってしまいます。そのため、当社にとっての責任ある製造には、当社の製造に関する要素の環境への優しさを評価することだけではなく、当社の製造拠点の周囲の自然を保全することも含まれます。だからこそ、当社の工場の敷地は緑で溢れているのです:

  • 工場の敷地約6000m²に広がる自然の状態に近い生垣および茂み:
  • 正面壁の緑化
  • 自然の石垣
  • 工場の敷地の周辺の広い草地
  • 工場の敷地内の果樹

工場の敷地内の動植物の生息地を確実にサステナブルに保全するためのさらなる対策:

  • 生垣は1年に1回のみ剪定
  • 除草剤不使用
  • グリーンな剪定済みの枝の堆肥化を敷地内で実施
  • 完全な芝刈りはフェンス、ゲート、または通路などの規定されたわずかのエリアに限定。

エネルギー管理

資源を保全しながら、環境に配慮した製造を行う。この理念は、当社のコーポレートアイデンティティのなくてはならない部分を占めます。当社の梱包機およびバンド掛け資材の製造時のエネルギー消費を減らすことを目標とするエネルギー管理体制は、2015年にDIN EN ISO 50001認証取得に成功しました。

当社のエネルギーポリシー

サステナブルな行動は、当社の全ての部門および事業分野を貫く共通項となっています。限りある資源の慎重な使用を重視するという責任感、立法府およびお客様から要求される要求事項、およびエネルギー価格の高騰から、当社ではサステナブルな効果がある組織およびプロセスのルールを設定しました。

これらのルールが組み込まれた当社のエネルギー管理体制は、DIN EN ISO 50001の要求事項を満たしています。ヴァルトブルンおよびムッケンタールの拠点に環境に配慮したエネルギーポリシーを導入することで、当社はサステナブルかつ慎重な行動を行うという約束を有言実行しています。当社の各従業員は常に、それぞれの影響が及ぶ範囲において、以下の行動原理の実現に継続的に貢献しています。エネルギーポリシーはMOSCA GmbHのコミットメントであり、このポリシーが全従業員のそれぞれの日々の業務におけるエネルギーとの向き合い方の指針となっています。

責任を負うこと

積極的に環境を保護してエネルギーを効率よくかつサステナブルに使用することは、当社の経営にとって重要なタスクです。そのために当社では、必要な情報およびガイドラインを全て用意しています。当社では、的を絞った研修を通して従業員に情報提供をし、意識を高め、当社のエネルギー目標に合わせてそれぞれの活動を行うよう促しています。法律および規制で規定された義務の遵守は当然のことです。当社のそれぞれの戦略および運用目標が達成されているかを確認するために、当社では従業員とサプライヤーの両方に対してエネルギー管理体制を導入しています。それぞれの目標を経営陣が監視する体制が、この体制の重要な要素のひとつとなっています。

改善に向けて努力すること

当社では、当社のエネルギー管理体制の定期的なアセスメントを通して、さらなる前進を継続していくことに注力しています。新たな製造プロセスを導入する前、設備の拡張を計画する際、および当社製品の開発プロセスにおいては、それに関連する環境への影響およびエネルギー要件を見極めます。技術的に可能な場合には常に、エネルギー効率の高い機器およびサービスを購入することで、影響の最小化を図ります。最も経済的に有利な技術を用いることで、当社では当社のマシンおよび機器のエネルギー効率を向上させ、それを通して温室効果ガスの発生を抑えています。この管理体制は1年に1回見直しを行い、当社のエネルギー目標が当社のエネルギーポリシーとまだ合致しているか、そして有効性があるかを確認しています。

エネルギーを節約すること

当社では、資源の保護およびエネルギーの節約を目標として、エネルギー使用量を永久に削減し、エネルギー関連の性能をサステナブルに向上することに注力しています。当社では、エネルギーを効率的に使用して責任ある形で取り扱っています。使用したエネルギー資源に関して総合的かつ継続的にデータを収集することで、当社では当社のプロセスをエネルギー要件の面で分析し、節約できる可能性がある項目を特定します。具体例としては、エネルギー効率が高い製品およびサービスが購買判断の際に考慮されています。当社の従業員も、この継続的な改善のプロセスに参加し、エネルギーのさらなる節約を目標に効果的かつスマートな提案を行っています。

オープンに情報共有すること

当社では、全従業員に対して、環境保護対策およびエネルギー問題に関する情報を共有し、職場でそれぞれの責任を果たし、環境およびエネルギーに関する意識を向上するよう促しています。一般の方々、事業および契約上のパートナー、ならびに関係当局とオープンで事実に基づく包括的な対話を行うことで、当社では環境またはエネルギーに関連する事象についての情報を当社のエネルギーポリシーに則って適切に交換しています。

ソーシャル・ブックマーク