• Tel. +81 3 6890 8396
  • E-mail japan@mosca.com
19832
19832

バンド掛け – 御社におけるサステナブルなメリット

当社では、当社製品を通して御社のサステナビリティの目標を達成して御社のプロセスをよりサステナブルにするお手伝いをすることを目指しています。多くの企業は、サステナビリティを考える上では、まず自社製品にフォーカスを当てます。当社ではその一歩先を行き、イントラロジスティクスプロセスをサステナブルな方法で最適化することも目指しています。その中で、当社では、御社の商品が社内、拠点間、そして御社のお客様に向けてどのように移動しているかを詳しく調べる手段として、バンド掛けを位置付けています。

梱包ソリューションの中でも、バンド掛け自体、他の方法と比べて極めてサステナブルな手段です。

バンド掛けがサステナブルなソリューションである理由

最小限の梱包

バンド掛けは最小限の梱包です。そのため、小さなパッケージであれ、バンドルであれ、パレタイズされた貨物であれ、商品の運搬時の梱包、バンドリング、および固定に必要な資材を最小限にとどめられます。細いプラスチックのバンドでも、重くて嵩張る商品を確実かつ効率的に固定できるのです。

また、ストレッチ包装のような、資源を多く必要とすると考えられているその他のプロセスも、バンド掛けと組み合わせることで資源の使用量を最小化できます。バンド掛けすることで運搬時の確実な固定が可能なので、商品バンドルを安定させるためにフィルムを用いる必要がなくなり、湿気または塵などの外部からの影響から保護できるだけのフィルムだけで十分となります。それによって、商品に巻くビニールフィルムの量を大幅に抑えられるのです。

廃棄物分別

バンドは使用後、例えば段ボール箱の梱包に使用した後には、商品に一切の残留物を残さずに取り除けます。そのため、梱包した商品への汚染なしに、資源ゴミを分別できるということになります。そのため、使用したバンドも段ボールの梱包資材も確実に適切なリサイクルを行えるのです。

 

リサイクル

当社ではすでに、当社のPETバンドの100%をリサイクル素材から製造しています。しかし、リサイクルにおけるサステナビリティは、リサイクル素材を使うということだけではありません。当社では、当社のPETバンドが使用後確実にまたリサイクル素材に戻れるようにすることも、サステナビリティの一環に挙げています。当社のバンドのリサイクル循環に関する詳細は、 サステナブルな製品セクションをご覧ください。

 

不正開封(タンパー)防止

サステナブルであることに加えて、セキュアでもあるのが、当社の高効率の SoniXs 超音波溶着技術です。バンドをサステナブルに溶着できるだけではなく、不正開封防止にもなるのです。バンドの端を最小限のエネルギー使用で溶着できるSoniXsソノトロードは、溶着点を切断して再度溶着することができません。そのため、御社製品を御社のお客様のもとに不正開封なく確実に届けられるのです。

 

ソーシャル・ブックマーク